car

車検切れに注意

車検満了日はついつい忘れがちですが、自己責任でしっかりと管理しましょう。

車検切れは重大な過失です。ディーラーや販売店は車検を取り込もうと必死です。車検に入ってくれるということは車検そのものの利益も大切ですが、それよりも繋がりができているという店の評価であって次に車を買ってもらえるかという期待値、指標にもなります。そこで車検満了日を管理し、お客様の車検を切らさないように案内を出します。しかし他のお店などで車検を行った場合、特にカーショップ点などで安価だったからなどの理由から車検を行ってしまうと、今まで案内をしていた販売店は車検の案内を止めることがあります。そしてカーショップ店に管理が移行されるのですがそこで車検案内がなされるかはショップ店の判断に委ねられます。もしも案内がこないとしたら車検切れといううっかりミスが発生する可能性が広がります。車検切れは責任をもって自己責任で回避することが重要です。公道を走る限り車検切れは絶対に許されない行為です。

車検切れを回避する方法と対策

どうしても車検切れが不安だという人は、やはりディーラーや販売店でしっかりと管理してもらうことが大切です。車検切れを他人任せにしないことは勿論ですがその対策を何重にも講じておく方法はあります。まずメンテナンスのサービスパックに加入しておくという方法があります。車検代金を前払いしておこうという方法です。最長2年先の車検を予約してしまうというものです。案内を忘れられるという可能性が限りなく低くなります。車検切れ対策だけでなく、車検を含めてその間のランニングコスト(オイル交換やフィルター交換)が非常に安く収まるのです。定期点検も運転者の義務です。車検切れだけでなく点検整備も普段から点検時期を意識するという心がけが大切なのです。